読書の秋です。

秋の夜長は虫の音を聞きながらゆっくりと読書を楽しみたいものですね。

自分が好きな作家の本をひたすら読むというのもとても素敵ですが、たまにはまだ知らない世界の一流の方々が勧める本を手に取ってみると、世界を広げるための一歩になるかもしれません。

Synapseでは政治・経済・キャリア・ライフスタイル・エンターテイメント・スポーツなど様々なジャンルのトップランナーにオンラインサロンを主宰して頂いています。

そこで、今回はSynapseでオンラインサロンを主宰する様々なジャンルのトップランナーに、これまでの読書体験の中から、珠玉の一冊をご紹介いただきました。

第1弾は「仕事のバイブル」編です。

「仕事のバイブル編」は全4回に渡って配信します。


株式会社SEEDATA(宮井弘之)さんが選ぶ「仕事のバイブル」

SEEDATA

79年埼玉県さいたま市生まれ。慶応大学商学部卒業後、02年博報堂入社。情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局へ参画。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。流通・ヘアケア・スキンケア・サニタリー・プロバイダー・ビール・たばこ・日本酒・スナック菓子・保険・証券・IOTデバイス・ホテル・行政・旅行・教育・コンテンツ・半導体製造装置・車載部品・電力等の幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。得意分野は、消費者調査(定性・定量)・成長戦略立案・ファシリテーション・コミュニティデザイン・イノベーション共創支援。研究の専門分野は消費者行動。博士(経営学)(筑波大学)。

仕事のバイブル

この本を選んだ理由

SEEDATAが博報堂DYグループの社内起業制度「AD + VENTURE」に挑戦した際に参考にしたのが、ポール・グレアムの「創業期にはスケールしないことをしよう」という言葉です。「あえて最初にスケールしにくい事業に取り組むことで、その後の差別化につながる」この考え方は、複数回のピボットを重ね、事業の方向性が見えない状態だったSEEDATAの指針になりました。ポール・グレアムは初期のDropboxやAirbnbに出資したことで知られるY Combinatorの創業者。彼が記したエッセイ集『ハッカーと画家』や講演録( http://www.slideshare.net/takaumada/paul-graham-advicesonstartups )は、今でもSEEDATAのバイブルとして活きています。

株式会社SEEDATAさんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_seedata-ptn16_topphoto

 

MBさんが選ぶ「仕事のバイブル」

mb

ファッションバイヤー・ファッションブロガー。アパレル店舗のスタッフから、店長、マネージメント、バイヤー、コンサルティング、EC運営など多岐にわたる経験を持つ。現在ブログ、メルマガでの活動に加え、扶桑社媒体「週刊SPA!」、KADOKAWA媒体「WebNewType」、メンズファッション雑誌「メンズジョーカー」などで企画協力、連載など精力的に活動中。また「WebNewType」においてはファッションHOWTO漫画「服を着るならこんな風に」の監修も務める。2015年7月より自身のブランド「MB」を立ち上げ、第一弾のスキニーパンツ発売では予約受付開始から5分で100枚を完売させるという驚異的な販売実績も誇っている。

仕事のバイブル

この本を選んだ理由

組織論・経営論・コミュニケーション論のバイブル。「お金のために仕事はしてはいけないけれど、お金を無視してはいけない」「事業は顧客が作るもの」など私の仕事観の起点となった一冊。抽象的な表現が多いので逐一頭を巡らせて考えないとミスリードしがちな本ですが、読み込むほどに面白いです。私は独学ではなくドラッカー専門のセミナーなどを併用して理解を深めました。

MBさんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_mb-ptn04_topphoto

 

吉見夏実さんが選ぶ「仕事のバイブル」

吉見夏実

フリーライター。2012年9月ランサーズ登録。100%ランサーズで受注した仕事で2013年1月に月収20万円、2013年5月に月収30万円達成。Lancer of the Year 2015において、ママランサー賞受賞。現在はランサーズのみに依存せずライター活動を行う。普段は京都の田舎できれいな空気を吸って暮らしている。

仕事のバイブル

この本を選んだ理由

わたしはランサーズに登録したことがきっかけでwebライターになりました。運よく軌道に乗り安定した生活ができるようになっていたときに手に取ったのがこの本です。

秋好さんの考えに触れることができ、読み終わったときには新しい働き方にわくわくして、わたしもその仲間に入りたい!と強く思いました。

それまではただ生活のためだけにwebライターをしていました。でも、この本を読んだおかげで「もっとこの働き方を世の中に広めたい」という意識で働くように変化していきました。

吉見夏実さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_yoshiminatsumi-ptn03_topphoto

 

細田朋希さんが選ぶ「仕事のバイブル」

細田朋希

一般社団法人日本電子出版作家協会(略称:EWA) 代表理事。e文楽株式会社 代表取締役。エストリビュータービジネス創始者。2010年に電子書籍市場に参入。5年に渡り電子書籍関連のソフトウェア開発、ポータルサイト開発・運営、出版プロデュース、スクール事業、監訳業、制作業、編集業、プロモーション支援、マーケティング支援といった、電子書籍ビジネスに関するありとあらゆる活動を行う。間接的な出版も含めると数百名、1,000冊を超える電子出版に携わる。主な著作に『電子書籍を無名でも100万部売る方法』(監訳、東洋経済新報社、2012年)、『電子出版のプロデューサーになろう~エストリビューターとして活躍する方法』(インプレスR&D、2015年)がある。

仕事のバイブル

この本を選んだ理由

大学生の時に読み、起業を意識しました。それまでの起業に対するイメージは、「怖い、危ない、天才しかできない」といったものでしたが、本書を読むことで、若くてもチャレンジできると思いました。成功するためには技術や努力も必要ですが、何よりもまずは「モノの見方」を変えることが大切だと思います。本書を読むことで、既存の常識を飛び越えてチャレンジする姿勢を得ることができます。

細田朋希さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_1000000ebook-salon-ptn03_topphoto

 

博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー
博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー
博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー
はじめまして。私たちは博報堂DYグループが企業のイノベーション発想を支援するために設立した新会社「株式会社 SEEDATA」と申しま...