読書の秋です。

秋の夜長は虫の音を聞きながらゆっくりと読書を楽しみたいものですね。

 自分が好きな作家の本をひたすら読むというのもとても素敵ですが、たまにはまだ知らない世界の一流の方々が勧める本を手に取ってみると、世界を広げるための一歩になるかもしれません。

Synapseでは政治・経済・キャリア・ライフスタイル・エンターテイメント・スポーツなど様々なジャンルのトップランナーにオンラインサロンを主宰して頂いています。

そこで、今回はSynapseでオンラインサロンを主宰する様々なジャンルのトップランナーに、これまでの読書体験の中から、珠玉の一冊をご紹介いただきました。

第2弾は「人生のバイブル編」です。「人生のバイブル編」は全4回でお届けします。

あなたの人生を変えた1冊はありますか?

この読書ガイドの中であなたの心を揺さぶる1冊が見つかれば幸いです。


西田亮介さんが選ぶ「人生のバイブル」

西田亮介

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。専門は社会学、公共政策学、情報社会論、ジャーナリズム研究。情報化と社会変容、情報と政治(ネット選挙)、社会起業家の企業家精神醸成過程や政策としての「新しい公共」、地域産業振興等を研究。単著に『マーケティング化する民主主義』(イースト・プレス)、『メディアと自民党』(角川書店)、『ネット選挙 解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、「ネット選挙とデジタル・デモクラシー」(NHK出版)。

 

人生のバイブル

乾いた、ただし時々崩れる、個人主義の村上春樹的成長譚のひとつの金字塔。

 

西田亮介さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_0510-ptn04_topphoto-4

 

 

 

和気香子さんが選ぶ「人生のバイブル」

和気香子

栃木県で生まれ。高校卒業まで栃木県で育つ。東京大学経済学部経営学科卒業。在学中に女優を志し、卒業後も女優業に従事。その後、外国に住んでみたい、もっと勉強したいという思いから、留学を決意、ニューヨーク大学MBA取得。留学後、ソフトバンクで新規事業立ち上げ、マッキャン・エリクソン及び日本コカ・コーラでマーケティング業務に携わり、その後、小売りチェーン店の再生に関与した後、日本アジア投資でベンチャー企業への投資を行う。現在はエグゼクティブ・コーチとして、キャリアに迷う方、経営者・起業家に対してコーチングを提供中。

 

人生のバイブル

題名から推察できるように、明るい内容の本ではありません。でも、著者が意図した「人が生きていること、それだけでどんな生にもかなしみがつきまとい、主調底音は『無力』であり、ほんとうに人間に出来ることはたかが知れている」というメッセージとは裏腹に、私には、人間の生きる強さを感じる本でした。気持ちが弱った時に取り出して読みます。必ず涙しますが、なぜかその後元気が出ます。

 

和気香子さんが主宰するオンラインサロン

salon-banner_waki-kyoko

 

 

 

萩原清澄さんが選ぶ「人生のバイブル」

萩原清澄

1980年生まれ。政財界・スポーツ・芸能界を代表する一流の顧客を抱える都内高級レストランの現役GMとして活躍。若くして日本一の人脈を持つとまで言われる。金融・商社・IT・芸能・スポーツ・アパレルなど様々な業界の若手トップランナーをゲストに招くトークライブイベント「UPSTAIRS」を主催。その人脈つくりを記した 「サービスマンという病い」 (幻冬舎)を出版。NHK、民放、雑誌、新聞などメディア出演多数。

 

人生のバイブル

人が生きるということは、誰かと交わり、時にぶつかり、時に支え合うということ。 圧倒的な熱量を持って生きる幻冬舎見城社長の生き様を通して、腹の底から付き合うこと、斬り合い傷つけ合うほどに懐に入ることの大切さを学ぶ。何度読んでも、読むたびに頭がクラクラする。

クラクラするけどまた読んでしまう。もう、見城さんと尾崎豊さんのくだりなんかは目を瞑りたくなるほどにアツい。読み終わると、あぁぼくは生温いなぁ、甘ちゃんだなぁと自己嫌悪に陥る。人の醜さと美しさがすべて詰め込まれた自伝。

 

萩原清澄さんが主宰するオンラインサロン

item_tokyoasobikata_banner1_topphoto

 

 

 

松浦愛さんが選ぶ「人生のバイブル」

松浦愛月間80万人以上が愛読する日本最大のマクロビオティック・ウェブマガジン IN YOU編集長。
北海道札幌市生まれ 東京都在住。 Healthy,Simple,Gorurmet(健康的でシンプルで美味しく)をコンセプトに、ヘルスコンシャスなライフスタイルの提案を行う。 日本最大級の野菜にフォーカスしたイベント「ベジ会」を主宰。

 

人生のバイブル

私たち現代人は、毎日いいことが9あっても、いやなことが1あるだけで、ついクヨクヨ落ち込んでしまいます。私もその一人でした。でも、武田さんのこちらの本を読んで、考え方が変わりました。自分の身に起きた物事をどうとらえるかによって人生は幸せにも不幸にもなると思います。

 

松浦愛さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_inyou_renewal-ptn04_topphoto

 

 

西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse
西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse
西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse
最近、ビジネスパーソンのあいだで、教養やリベラルアーツへの関心が高まっています(定期的に訪れるものでもありますが…)。リベラルアーツ...