読書の秋です。

秋の夜長は虫の音を聞きながらゆっくりと読書を楽しみたいものですね。

 自分が好きな作家の本をひたすら読むというのもとても素敵ですが、たまにはまだ知らない世界の一流の方々が勧める本を手に取ってみると、世界を広げるための一歩になるかもしれません。

Synapseでは政治・経済・キャリア・ライフスタイル・エンターテイメント・スポーツなど様々なジャンルのトップランナーにオンラインサロンを主宰して頂いています。

そこで、今回はSynapseでオンラインサロンを主宰する様々なジャンルのトップランナーに、これまでの読書体験の中から、珠玉の一冊をご紹介いただきました。

第2弾は「人生のバイブル編」です。「人生のバイブル編」は全4回でお届けします。

あなたの人生を変えた1冊はありますか?

この読書ガイドの中であなたの心を揺さぶる1冊が見つかれば幸いです。


株式会社SEEDATA(宮井弘之)さんが選ぶ「人生のバイブル」

SEEDATA

79年埼玉県さいたま市生まれ。慶応大学商学部卒業後、02年博報堂入社。情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局へ参画。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。流通・ヘアケア・スキンケア・サニタリー・プロバイダー・ビール・たばこ・日本酒・スナック菓子・保険・証券・IOTデバイス・ホテル・行政・旅行・教育・コンテンツ・半導体製造装置・車載部品・電力等の幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。得意分野は、消費者調査(定性・定量)・成長戦略立案・ファシリテーション・コミュニティデザイン・イノベーション共創支援。研究の専門分野は消費者行動。博士(経営学)(筑波大学)。

 

人生のバイブル

『ONE PIECE』

SEEDATA創業メンバーの宮井は、「2回以上起業して成功している人のセオリー」という連続起業家の本を執筆した際に、たくさんの連続起業家に取材をさせていただきました。その中では「ビジョンに共感してチームをつくり、冒険していく」というスタイルのストーリー(たとえばオーシャンズ11やONE PIECEなど)をバイブルとして挙げていたアントレプレナーが多かったようです。そのなかで「ONE PIECE」は、宮井個人も好きな漫画で、「これって確かにスタートアップっぽい」と思っているので紹介させてもらいます。「起業の教科書」として改めてこの漫画を読んでみると、新しい発見があると思います!

 

株式会社SEEDATAさんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_seedata-ptn16_topphoto

 

 

 

トイアンナさんが選ぶ「人生のバイブル」

トイアンナ

慶應義塾大学卒。外資系企業でマーケティングを経験後、イギリス移住に伴いライター、マーケターとして独立。かつて就活メディア「外資就活ドットコム」のスタートアップへ参画したことをきっかけに数百名の就活生指導を経験。現在は就活メディア「One Career(ワンキャリア)」の編集スタッフとして就活生を支援している。また、恋愛障害の元当事者という顔も持ち、ブログ「トイアンナのぐだぐだ」は月刊50万PVを記録。ライターとして10媒体以上で好評連載中。2016年6月に新著『恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか?』(光文社新書)を発売。

 

人生のバイブル

人が誰かをさげすむ気持ちとは何か?差別心への理解が深まります。戦後すぐ、アメリカ人兵士と結婚して渡航した主人公。そこに待ち受けていたのは日本でちやほやされていた米軍の彼ではなく、黒人差別に気力をもがれた怠惰な1人の男性でした。単なる黒人差別の悲劇を描くのではなく、白人でありながら黒人未満とされるプエルトリコ人へ嫁いでしまった何も知らない日本人、人種差別から貧困に陥り抜け出す気力すらなくなってしまった親族、黒人の妻でありながら「アジア人の外見」で差別から免れる主人公といった多重構造に胸を掴まれるはずです。

 

トイアンナさんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_toianna_shukatsu-ptn13_topphoto

item_salon-banner_renaishogai-ptn03_topphoto

 

 

 

大和龍門さんが選ぶ「人生のバイブル」

大和龍門

1956年出世。3歳で居合道入門。鹿児島の名門大道館にて剣道を開始。集成学舎(塾でも学校でもない連合会)にて士魂教育(郷中教育)を受ける。少年部より無双直伝英信流正統第二十代宗家 河野百錬の全日本居合道連盟で育つ。その後、実父である日本居合道連盟理事長より勘当、破門宣告を受けるが10年後に和解。日本居合道連盟理事を経て独立。27年間の武道場運営を経て現在に至る。

 

人生のバイブル

日本刀と共に育ち、幼少より強引に読まされたチンプンカンプンな掛軸や輪読会の所為ではないと思うが私は大の読書嫌い。活字が活きて観えてこない。読書が文武両道の「文」であるとも考えていない。本から知識を得ることは肝心だがハートを鷲づかみにされることはほぼない。本を選ぶ基準が日本刀で斬り合ったことがあるほどの作家か否か。剣の試合や稽古にて、虚実を読み合い、技を探り合い、ある種、邪推に満ちた自分をニュートラルな思考へと導いてくれたのがこの一冊。「良いことを考えれば良いことが起こります。悪いことを考えれば悪いことが起こります。あなたは一日中、自分の考える通りになります 。」にシビれた。

大和龍門さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_yamato-ryumon-ptn04_topphoto

 

 

 

姉崎亮太さんが選ぶ「人生のバイブル」

姉崎亮太

1984年生まれ。重工系のエンジニアを経て、同級生で家電系のエンジニアである伊藤と共に、2013年3月酒造ベンチャー「フルーツリキュールフリークス」を設立。代表取締役社長に就任。2014年2月に酒造免許を取得。民家を酒蔵に改修し、従業員2名の、恐らく日本で一番小さい酒蔵を設立する。エンジニアという経歴を活かし、多品種少量生産の手法を取り入れ、2015年12月までに約30種類のリキュールを製造。恐らく日本で一番ハイペースで新商品を作っている酒蔵となる。クラウドファウンディングによる日本産アブサンの復活プロジェクト等、ITサービスを積極的に取り入れ、常に新しい酒造業の形態を模索している。

人生のバイブル

同著者の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」とどちらか悩むけれど、これを読まなかったら法人を作るような本格的な起業はしなかっただろうと思う。「法人とはなんぞや」「なぜ法人を作るのか」中小企業の社長にとっては常識で、サラリーマンや学生起業家にはまったく欠落してる知識が載っている。サラリーマン以外の生き方がわからない人は、読むと「自由」という言葉の意味が理解できるはず。

 

姉崎亮太さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_h-ptn02%281%29_topphoto

 

 

 

博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー
博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー
博報堂DYグループ内シンクタンクによる企画塾イノベーターズ・ジャーニー
はじめまして。私たちは博報堂DYグループが企業のイノベーション発想を支援するために設立した新会社「株式会社 SEEDATA」と申しま...