読書の秋です。

秋の夜長は虫の音を聞きながらゆっくりと読書を楽しみたいものですね。

自分が好きな作家の本をひたすら読むというのもとても素敵ですが、たまにはまだ知らない世界の一流の方々が勧める本を手に取ってみると、世界を広げるための一歩になるかもしれません。

Synapseでは政治・経済・キャリア・ライフスタイル・エンターテイメント・スポーツなど様々なジャンルのトップランナーにオンラインサロンを主宰して頂いています。

そこで、今回はSynapseでオンラインサロンを主宰する様々なジャンルのトップランナーたちに、これまでの読書体験の中から、珠玉の一冊をご紹介いただきました。

第3弾はサロンオーナーの方々それぞれが自由に選書する「私のオススメ編」です。皆さんから「○○な人に贈る一冊」「○○に役立つ一冊」など、自由にテーマを設定し、選書して頂きました。

竹中平蔵さんが選ぶ「経済政策のバイブル」やはあちゅうさんが選ぶ「日常に疲れた人に読んで欲しい一冊」などバラエティに富んだ読書ガイドとなっております。

「私のオススメ編」は全4回です。是非、最後までお楽しみ下さい!


はあちゅうさんが選ぶ「日常に疲れた人に読んで欲しい一冊」

はあちゅう

ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、幅広く活動。2009 年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。2014年9月からフリーで活動中。著者に「自分の強みをつくる」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「恋愛炎上主義。」(ポプラ社)「半径5メートルの野望」(講談社)、「真夜中にシュークリーム」(毎日新聞出版)など。雑誌、オンラインメディアなどでの連載多数。

 

日常に疲れた人に読んで欲しい一冊

著者のパリでの日常、ごはん、交友関係が美しい言葉でつづられていて、暮らしや日常というものが愛おしくなる。

 

はあちゅうさんが主宰するオンラインサロン

salon_banner_chu_tsune_original-1

 

item_salon_banner_chu_moe_ptn04_topphoto_topphoto-3

 

 

 

大和龍門さんが選ぶ「子供が読みたがる人斬り天風の本」

大和龍門

1956年出世。3歳で居合道入門。鹿児島の名門大道館にて剣道を開始。集成学舎(塾でも学校でもない連合会)にて士魂教育(郷中教育)を受ける。少年部より無双直伝英信流正統第二十代宗家 河野百錬の全日本居合道連盟で育つ。その後、実父である日本居合道連盟理事長より勘当、破門宣告を受けるが10年後に和解。日本居合道連盟理事を経て独立。27年間の武道場運営を経て現在に至る。

 

子供が読みたがる人斬り天風の本

「人斬り天風」と呼ばれた時期もあるが、それは戦争中のこと。自分が育った居合道連盟初期顧問 頭山満と言う大先輩の弟子。日本刀を半世紀以上にぎり続けて来た自分はやはり説得力ある精神哲学や剣禅一如なものに偏ってしまう。その際、読者を凌ぐ鍛錬や超越感は必須。ある日、タイトルに魅せられたのか?読書好きの小学生の長女が勝手に読み入っていた。そして、「今日からこの本わたしの本、いい?」、なるほど!還暦でも小学生でも行ける本!単なる自己啓発でもない。激動の時代を生き抜いた剣豪武蔵の「五輪書」と人斬り天風の「心の力」からは何か共通する命懸けで得た人間力が放たれている。

 

大和龍門さんが主宰するオンラインサロン

item_salon-banner_yamato-ryumon-ptn04_topphoto

 

 

 

萩原 清澄さんが選ぶ「人気者を目指す人に勧めたい一冊」

萩原清澄

1980年生まれ。政財界・スポーツ・芸能界を代表する一流の顧客を抱える都内高級レストランの現役GMとして活躍。若くして日本一の人脈を持つとまで言われる。金融・商社・IT・芸能・スポーツ・アパレルなど様々な業界の若手トップランナーをゲストに招くトークライブイベント「UPSTAIRS」を主催。その人脈つくりを記した 「サービスマンという病い」 (幻冬舎)を出版。NHK、民放、雑誌、新聞などメディア出演多数。

 

 

人気者を目指す人に勧めたい一冊

bill’sやアイスモンスターといった行列の出来る人気レストランを生み出し続けるトランジットゼネラルオフィスの中村社長の「ミーハー仕事術」。ネガティヴなイメージのある「ミーハー」という言葉をこんなに爽やかに使うのは中村さんくらいだ。

もう知識の宝庫、遊びの宝庫、アンテナが何十本も頭からビンビン立っている人です。話のフックがあることが人気者の秘訣で、何にでも広く浅くチャレンジして経験する、知識を手に入れる必要性に気付かされます。モテたい人、友達を増やしたい人、人気者を目指すすべての「売れたい人」にオススメします。

 

萩原清澄さんが主宰するオンラインサロン

item_tokyoasobikata_banner1_topphoto

 

 

 

ちゅうつねカレッジ
ちゅうつねカレッジ
ちゅうつねカレッジ
起業家の経沢香保子とブロガー・作家のはあちゅう(伊藤春香)の共同主宰による会員制コミュニケーションサロン。このサロンに参加し、一度き...