こんにちは。Synapseにてナンパサロンを運営しています、リクと申します。

当サロンは、ナンパについてのあらゆる考察、意見交換を行うコミュニティです。

『過去の失恋を吹っ切りたい』、『理想の彼女と出会いたい』、『モテない自分を変えたい』と言った、 普段なかなか人に話せないような悩みを持った方の為に、 匿名でコミュニケーションができる場として当サロンを立ち上げました 。

是非、同じような思いを持った方にお集まり頂き、ナンパを通して人生を変えるような体験をして欲しいと思っております。

さて今回はクリスマスが近づいて来た事もあり、こちらのテーマによるナンパノウハウをご紹介致します。

パートナーのいない人必見!バーで理想の女性と出会うコツ

女性1

クリスマスが迫ってきたこの時期、 ナンパには絶好のタイミングと言えます。

女性に限らず、人肌恋しくなり、 異性と過ごしたいと思うようになってくるこの季節。クリスマスは異性との出会いを強く後押しをしてくれるイベントです。

クリスマスの予定が無いと言う方も諦めてはいけません。

ナンパで、出会いは自ら作り出す事が出来ます。

今回は『パートナーがいない人限定』です。なので、まずはクリスマスイブ当日、もしくはその前に出会いの機会をつくりだす事から始めます。

ナンパには、ストリートナンパ、クラブナンパ、ネットナンパなど、多様なスタイルがありますが、今回はバーナンパと言う、初心者にの方にも最もハードルが低いと思われるナンパ手法をご紹介します。

バーナンパは、ナンパ界の用語では『バーナン』と呼ばれ、その名の通りバーへ行ってナンパをする事です。

都内にはナンパを手軽に出来るバーと言うのが幾つもあります。その代表格は、有名な某英国風パブであり、銀座の300円で入れるバー等です。

中に入れば、誰もが当然のようにナンパをしているので、非常に参加しやすいという特徴があります。加えて、女性も声を掛けられる事を目的に来ている子が多いので、比較的話が弾みやすいです。

バーナンのやり方は、非常に簡単です。

女性の多くは二人組で来ています。そこでお酒を片手にその女性二人組に「乾杯!」 と言うだけで会話は始まります。

本当にこれだけでバーナンはスタートします。大抵の子は応じてくれます。

まずは騙されたと思って、女性二人組に元気に「乾杯!」と声をかけてみましょう。

さて、今日の本題はココからです。「乾杯!」から実際に女性をゲットするまでのコツをお話します。

他の男と差別化するための二つのポイント

乾杯

乾杯した後に、「どこから来たの?」「仕事帰り?」などとありきたりな質問をしてはいけません。

バーにいる女性は多くの男から声を掛けられています。当然、上記のような質問は嫌と言うほどされています。

ナンパにおける大切な事の一つは、『他の男との差別化をする事』があると思います。野暮な質問をせずに、こう言ってみてください。

「で、今日はどっちが彼氏に振られたの?」

これは魔法の質問であり、リク自身もバーナンで良く使っています。女性二人は大抵、笑ってくれます。

「あれ、今日は振られた子を慰める会じゃなかったっけ?」 と続ければ、もう最初の掴みはOKです。

『お、この男は少し違うな』と女性に思わせる事が出来ます。次は、相手との心理的距離を近付けに行きましょう。

ポイントは二つ。

『共通点を見つける事』と、『相手を褒める事』です。

『共通点を見つける事』は、趣味の話、住んでいる所の話、何でも構いません。

ここは一般的な話題から、共通点を見つけましょう。心理学においても、共通の話題を出す事は、相手と仲良くなる為の非常に重要な要素となっています。

加えてこの時期であれば、『もしかしてクリスマスの予定無い?奇遇だね、俺もだよ』 と言って笑いもとっていけると尚良いと思います。

また、『相手を褒める事』にもコツがあります。

ただ単に「かわいいね」、「きれいだね」と言っても、先ほどお話しした通り、他の男達と同じになってしまいます。『相手を褒めつつ、少しだけ失礼な事を言う』のがポイントです。容姿を褒める時は、こう言ってみて下さい。

「かわいいね、SNOWで加工した?」

殆どの女性はこれで笑ってくれます。ちょっとした失礼なので、相手の気分を害する事もありません。

このようにウィットに富んだ褒め方をする事で、女性を楽しませつつ、『この人は他の男と違うかも』 と相手に思わせる事が出来ます。この二つで女性との会話を盛り上げて、距離を近付けて行きましょう。

女性をその気にさせるコツ

女性4

距離を近付けたら最後は『仕上げ』です。女性を“その気”にさせましょう。(この段階で、女性と二人きりになれていると理想です)

女性をその気にさせる言葉はこちらです。

「何か甘えるの好きそうだよね」

この言葉だけで、女性からは割と良い反応が返ってきます。「えー、そう見える?」や「甘えるの好きだけど苦手なの」 と言った回答が得られるはずです。

その回答が返ってきたら、後はボディタッチを入れて仕上げていきます。

「うん、見えるよ。何となく甘え足りてなさそうだしね。頭撫でられるのとか好きそうだね」と伝えて、軽く相手の頭をポンポンとしてみて下さい。

また、「俺、手が冷え性なんだよね。暖めてよ」や、「手ちっちゃいね。俺と比べてみようよ」 と言って相手の手を取りに行ってボディタッチを進めて下さい。(ここでの注意点は触りすぎない事。さっと触って相手の仕上がりを確認するのが目的です)

ボディタッチが上手く行ったら、最後に一言、女性に伝えて下さい。

「折角のクリスマスシーズンだし、人肌恋しいでしょ? 今日は俺に甘えて良いよ」

そして手を引っ張っていいくことができれば、無事クリスマスに異性と二人で過ごすことができます。

勿論、これで100%上手く行くとは限りません。その時は諦めずに、上記の一連の流れをまた他の女性に試して下さい。

トライアンドエラーの積み重ねが、成功体験を生みます。

いかがでしたでしょうか。


今回は、ナンパにおけるテクニックのほんの一部を記しました。ナンパサロンでは、様々な季節・シーンに応じた会話のコツや具体的なお店選びに至るまで、様々な事例を紹介しています。

ご興味がある方は、是非ナンパサロンにご加入ください。

一緒に、ナンパで素敵な出会いを見つけに行きましょう。

ナンパサロン "Pick Up Lounge"
ナンパサロン
ナンパサロン "Pick Up Lounge"
本サロンは、東京のナンパ師リクと共にナンパについてのあらゆる考察、意見交換を行うコミュニティです。 リクが日々更新しているブログ、...