「努力をしないための努力を惜しまない」をモットーに260名を超える人気オンラインサロン『「努力しないあの子がスタイル良いなんて不公平!」と言わせようの会』を主宰している元鈴木さん。

今、オンラインサロンでは元鈴木さんプロデュースによるオリジナルコルセットの開発企画が持ち上がっており、サロンメンバーの要望を聞きながら製品化に日々奔走している。

(当プロジェクトがスタートした投稿)

そこで今回は、現在開発中のオリジナルコルセットの製品概要や制作背景について特別に伺うことができたので紹介したいと思う。

 

特別インタビュー

——コルセットに目覚めたきっかけはなんだったんでしょうか?

私、つい1,2年前まで展示会にいるようなイベントコンパニオンだったんです。始める前は、イベントコンパニオンってニコニコしながら立っているだけで楽そうだなって思ってたんですが、それはとんでもない勘違いで(笑)

——実際はどうだったんでしょうか?

一言で言うと超肉体労働でした。例えば東京ビックサイトでのイベントだったら、硬い床に5時間も6時間もハイヒールで立っていなければいけない。しかも笑顔で。つまり頭の先から足の先まで疲れる仕事だったんですよね。だからもちろん仕事が終わった後はヘトヘトです。でもイベントコンパニオンのオーディションに受かるためには体型の維持などもしなくてはいけない…。じゃあ仕事後にジムに行けるかといったらそんな気力はもう無いんです。そこでもう「ズルしよう!」と思って使い始めたのがコルセットでした。

——なるほど。楽をしたいがゆえに導き出された答えがコルセットだったんですね(笑)実際にコルセットを使い始める前と後では、日常生活や身体にどんな変化がありましたか?

最初に買ったのはボーンがすぐ飛び出てきてしまうような安物だったのですが、使って次の日ウエストのサイズを測ったら1日で1cm減ってたんですよ。「どんだけ肋骨広がってたんだよ」と(笑)あとはコルセットを着けていくとオーディションに受かりやすかったですね。見た目にインパクトがあるので、覚えてて貰いやすかったです。

——効果は一時的なもの・・・というわけではないんですか?

2016年4月は72cmあったウエストが今年は61cmでずっとキープできています。Instagramでリポートもしてたのですが、最初の頃は毎日1cmずつ減っていって楽しかったですよ。今はキープの段階なのでコルセットを週3,4に落ちつかせていますが、コルセットをすると今でも気持ちが引き締まります。

——オリジナルコルセットを作ろうと思ったきっかけは?

元々使用していたコルセットはリーズナブルさという点では良かったのですが、骨盤に当たって痛かったり、肌が弱い人はかぶれたり・・・。あとは生地がツルツルなのでタイトなトップスを着ているとせり上がってきたりしちゃうのが難点でした。だから難点を改善したコルセットを個人的にオーダーしているという話をツイッターでしたら「それを売ってください!」って声がたくさんあったんです。「確かに!」って思いました。私の理想のコルセットってみんなにとっても理想なんだなって思ったんですよね。

——オリジナルコルセットはどのようなコンセプトで開発しているんですか?

(オリジナルコルセットの試作品の一部を紹介)

実用的でリーズナブルというのは最低限達成しなくてはいけないラインなのですが、何より着けてて可愛いものを目指してます!今までの安いコルセットのデメリットを改善しつつ、オーダーの高級品にも劣らない品質を叶えてくれる、私の理想を追い求めています。若い子からオトナ女子にまで手に取ってもらえて、「下着として堂々と彼氏に見せられるコルセット」というのがコンセプトです。可愛くないと意味ないですから!

——若い子からオトナ女子までを対象とすると、デザインのテイストとしてカジュアルすぎないやや大人っぽいものになるのでしょうか?また値段もやっぱり気になるところです!

どんな人が着用していても違和感のないシンプルなものにする予定です。値段は学生でも手が届くような価格帯にしたいので、1万円だと高いと思うんです。補整下着ってだいたいそのくらいの価格帯ですが、私が学生だった頃に下着に1万払うかって言われたらそんな勇気なかったと思うんですね。だから私が死なないで済むギリギリくらいまで下げたいなと思っています。

——オリジナルコルセットは、企画からデザインまで元鈴木さんが1人で自主開発されているのでしょうか?それともチームで動いているのでしょうか?

ツイッターやサロンで皆さんの意見を頂く以外は私1人です。皆さん定期的にコルセットの成果や悩みをポストして下さるので、とても励みになりますし参考になります。

——でも、やっぱり制作面での苦労はありますよね?

(ボツになってしまったオリジナルコルセットも)

いやー下着って作るのに非常にお金かかるんです。こだわって作ったので、貯金を全部使いました(笑)最初は2色展開にしようと思ってたのですが、申し訳無いことに予算の関係上1色になりそうで、第一弾はツヤのあるベージュでいこうと思っています。でも今後別の色も展開していくつもりです!

——特に「こだわりがある!」という部分はどこですか?

服に響かせないというポイントは徹底してます。今使っているのが服の下から浮き出てくることがあるので、より下着として完璧なものにしたいです。そのために、下腹が抑えられ、なるべく浮き出ないよう、よりラインが綺麗に見える設計にしました。

——コルセットの商品名は決まっていますか?

決まってます!がまだ内緒です❤

——製品の発売はいつ頃になりそうですか?

春中には出したいので今絶賛頑張ってます!色はベージュで決まっていますが、生産に入る前にサロンメンバーの皆様に生地などについてもう少し相談してみたいと思っています。またサロンメンバーには、コルセットをプレゼントする企画をしたいと思ってますので楽しみにしててください!

——サロンのメンバーさんと相談をしながら一緒に開発を進めているんですね。今生地の候補はいくつかあるのでしょうか?

5種類くらいあるのですが、全部強さは同じでも柄の有り無しについても聞いてみたいし、サテン生地は蒸れるから皆さんウンザリしてるかな?とか色々と考えているので、アンケートなど取るべきかなと思っています。

——他にも新製品を考えていますか?

はい、いずれフルバックタイプなども出したいですね。背中のハミ肉で苦労される方も多いですが、あれはフルバックしかないなあと思ってましたので。

——オリジナルコルセット販売開始後の展望を教えてください

せっかくメイドインジャパンなんでいずれは海外にも輸出したいですね。韓国、中国、中東あたりにも越境ECなどで展開して行きたいです!

——はじめはネットでの限定販売で、生産数に応じて店舗展開というイメージでしょうか?

店舗を持つことはまだ考えてませんが、いずれ実店舗を持てたら最高だと思ってます!

——欧米ではなく韓国・中国・中東などに展開する狙いはなにかあるのでしょうか?

欧米ではもう色んな商品が出回っているんですよね。アンチェリーだとか。でもアジアはこれからだし、どうやら韓国でもジワジワきてるみたいなんですよ。私のスタイルハウスの記事も韓国語になったりしたんです。そういうの嬉しいですね。あとはなぜ中東かというと、中東の女性って肌を出さないイメージあったんですよね。でも実はブルカの下は意外と大胆だったり、美意識の高い女性が多いと知って俄然興味が湧いたんです。みんなコルセットしないかなって!(笑)

——オリジナルコルセットを通じて、世の中にどんな価値を提供していきたいですか?

「頑張らないからお前はブスなんだ」という世の中の女性に対する圧力を減らしたいですね。これは私が「運動を一切しない」って言うと、厳しい女性や一部の男性に言われてきたことなんですけど、みんながみんな運動大好きなわけじゃないじゃないですか。生きるのに精一杯な人やもうこれ以上頑張れない人にも、結果を出せれば全然「頑張らない」って選択肢があってもいいはずなんです。つまり私はコルセットで頑張らないという選択をした女性にも、自信を持って過ごして欲しいと思っています。

——ありがとうございました!最後にオンラインサロンについても教えてください。コルセット開発プロジェクト以外にどんな内容が配信されているのかなど

サロンではツイッターではあまり言えないような芸能スポーツの裏話や、美容の話題や、恋愛相談が盛り上がってますね。あと、私は高い美容液より、綺麗は食べた物が60パーセントは作ると信じているので美容に効く食べ物の話も多いです。アメフトをやっている旦那のおかげで、栄養価や美容効果の高い食べ物の話はすぐに入ってくるんです。あとはドケチ美容トークも人気がありますね。私はお金かけない主義なので、詰めるところは本当にケチなんで(笑)

——「努力をしないための努力を惜しまない」という点では、コルセットの開発思想と似ていますね!商品の完成を楽しみにしているのでこれからも頑張ってください!

↓↓オンラインサロンの詳細はコチラから!↓↓

「努力しないあの子がスタイル良いなんて不公平!」と言わせようの会
「努力しないあの子がスタイル良いなんて不公平!」と言わせようの会
「努力しないあの子がスタイル良いなんて不公平!」と言わせようの会
『「努力しないあの子がスタイル良いなんて不公平!」と言わせようの会』では、主に努力をしないための努力を惜しまない元鈴木が最小限の努力...