東京随一の古書の街、神保町。

9月某日、この街の中心部にあるビルのセミナー会場に、古書の街にはおおよそ似つかわしくないものが並べられていた。

プロテイン

机に並ぶのはパウチに入った紫色の半液体。プロテインドリンクである。そんな異様な会場に、一人、また一人と人が入ってくる。

そして待ち構えているのがこの男。

ボディメイク2

焼けた肌に、やけに良いガタイ。そう、本日の特別講師マッキーさんである。

先日、BMS(ボディメイクサロン)主宰の『みの』による、ボディメイク知識レベルの向上を目的としたプレミアム講座が開催された。

BMSとは、カッコイイ男、モテる男になるためのトレーニング情報、健康情報、さらに合同トレーニングが行われている女子禁制匿名サロンである。

そのプレミアム版ということで、オフラインで講座を開催。目の前には華奢な方から大柄な方まで、さまざまなタイプに参加者が並んでいる。スタートは違うが、皆が目指している体型は同じ。モテるボディだ。

世にはカラダづくりやダイエットに関する情報があふれている。しかし、こうも理想の体型になれずにいる人たちが多いのはなぜだろうか。それは、逆に言えば情報があふれすぎているからだろう。世にあふれる情報は玉石混淆、それに何が自分に合っているかも分からない。また、間違いなく効果はあるのかもしれないが続けることが困難なものも多い。

本講座は、そんな中自分に合うやり方で、最速で理想のボディを実現しようとする者たちのためのコミュニティだ。

プレミアムボディメイク講座スタート

みのが理論、マッキーさんが実技とパート分けをして講座が進行していく。

ボディメイク1

まずはみのが、BMSの統一目標、こんな身体を目指せ!と題して誰の肉体を目標にするべきなのか。また、そのためには何に気をつけるのか。筋肉は何によって大きくなるのかという生化学・バイオメカニクス的な観点から話を進めた。

統一の指針、将来こういう身体になれるという期待感を参加者が共有できた実感があった。

次にマッキーパート。

僕自身マッキーさんの話を聞くのが楽しみであったし、中でも最も印象に残ったのが『きちんと効かせて最短最速で理想の身体になりましょう』という一文だ。そう、何事も効率が良いほうがいいのだ。

一番盛り上がったコーナーは、マッキーさんが『解剖学的視点から見た、正しいアームカールのやり方』であった。

ボディメイク3

それぞれがペアをつくり、最も効率的にアームカールが効く角度を探っていくという、なんともマニアックなコーナーである。

マッキーさん曰く、全ての種目にこういった効率の良いフォームがあり、それは個々人の筋肉の付き方や骨格によっても少しづつ異なってくるということだ。その中で、アームカールは効き方の変化を最も実感しやすい種目であるということだった。

当日披露した家トレのコツを一つご紹介

筋トレはしたいけども、ジムに通うまでではない。そういった方がまず始めるのは家トレであろう(しかし大概は筋トレにハマって、ジムに通い始めるのだが・・・)。

腹筋を例に説明しよう。結論から言うと、腹筋を効率的に鍛えるコツとして、筋肉を縮めるのか伸ばすのかを意識するということがある。

筋肉は力を発揮する際に二つの動きをする。短縮性収縮(コンセントリック)と、伸縮性収縮(エキセントリック)である。つまり、筋肉が縮んで力を発揮するのか、伸びて力を発揮するのかということだ。

腹筋においてコンセントリックに効かせる種目の代表はシットアップ(いわゆる腹筋運動)であり、エキセントリックに効かせる種目の代表がアブローラーである。

この二つの動きを比較したときに、エキセントリックな動きの方が小さい負荷で筋肉に効かせることができる。つまり、家トレで腹筋を鍛えたい場合、シットアップをひたすら繰り返すより、アブローラーで追い込んでいったほうがより短時間で腹筋に効かせることができるという事だ。

とは言え、腹筋を割るのは腹筋だけを鍛えれば良いわけではない。シックスパックが浮き上がって見えるかどうかは、腹筋周辺の皮下脂肪の量にも関わってくる。そういった話も講座内では詳細に説明された。

『最短最速で結果を出すためのメソッド』が共有されているBMS

本来であればこのような実践的なメソッドこそが必要なのに、その知識もトレーニングを継続するための環境も、一緒に理想のカラダになるための仲間も、全てが手に入りにくい。

トレーニング雑誌を買っても、ジム通いを始めても、多くの人が目標を達成できないのはそのためだ。

そんな全国のビギナートレーニーを救うためにBMSは作られた。とは言え、この密な交流を維持できる人数にも限りがあるので、現在は30名限定だ (増員予定は未定)。


当日ビジター参加してくださった方も入会いただいているため、定員までは残りあと数名となっている。


宣伝のようになってしまって恐縮だが、入会を考えてくださっている方のために参加者の感想を紹介しておこう。

お二人の身体が一番の説得力だった。

●Twitterでフォローさせていただいておりますが、こうして直でお話をすることで得られるものが多かったです。

●質疑応答の時間がとても有意義でした。

●マッキーさんのアームカール講座をいろんな部位でやってほしい。

●疲労学は言い換えれば回復学とも言えるので、さらなる興味が湧きました。

etc…

こうして実際に行動に起こしている方は、身体に変化が訪れるのも早い。

半年ぶりに会った某氏は上半身の筋肉がふた回りほど大きくなっていたので、来年の夏はビーチを存分に満喫できるであろう。


さて、あなたは来年もその身体だろうか?

『え?…カラダ、ヤバいですね♡』と言われたい方、BMSでお会いできるのを楽しみにしております!

P.S,

有意義な筋トレ談義を終えたBMS一行は、二次会として当然ながら良質なタンパク質を摂取しに街へ消えていったようだ。

みの

ボディメイクサロン
ボディメイクサロン
ボディメイクサロン
アスリートみの(@taiikukai_mino)による皆様をモテボディにするための匿名サロン。 恋愛工学徒の皆様は匿名で活動されて...