西田亮介氏の新刊『不寛容の本質』が2月10日に発売

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授であり、「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」を主宰する社会学者・西田亮介氏の新刊『不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか』(経済界新書)が2月10日に発売されます。

内容紹介

不信感や不安感、困難な現実…
なぜ、こんなにも息苦しいのか?

誰も語らなかった難問を注目の若手社会学者が解く!

我々の社会が直面している「現実」を直視しないことには始まらない。

現実を直視せず、精神力でなんとかする、
という態度こそ、この社会で繰り返されてきた悲劇ではなかったか。

さらば、「昭和の常識」たちよ。

(引用:http://amzn.to/2kudfL2

本書は、「我々は『豊か』になったのか、『貧しく』なったのか」「なぜ若者は『反自民、反安倍』ではないのか」「少年犯罪と隠れた格差」など、様々な国内の話題を扱った社会批評となっています。現代日本に息苦しさを感じる人や時事問題の本質について真正面から考えてみたい方にオススメの一冊です。

 

SYNAPSE ONLINE MAGAZINEでは西田亮介氏の書評や、西田亮介氏が主宰するオンラインサロン「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」の読書会レポートを掲載しております。

書評・西田亮介『メディアと自民党』

「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」リアル読書会レポート

毎回一冊の図書を取り上げ、参加者と共に内容の解釈を進めていく「読書会」は、西田サロンの人気コンテンツの一つです。西田亮介氏と共に学んでみたいという方は、是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

次回の読書会は2月18日(土)を予定しています。

▼「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」の入会はこちら

西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse
西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse
西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse
月1回の読書会を実施します(原則、第3土曜日13時~@都内)。新書、文庫を中心に、教養を深めます。内容の要約、議論を中心に。人の集ま...