女性編集者やライターのためのオンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」を主宰する伊佐知美さんが、地方へ移住した8人の女性の素顔に迫った、自身初の著書『移住女子』が新潮社より発売されました。

伊佐さんが編集長を務めるウェブメディア「灯台もと暮らし」を通して出会った、8名の移住女子にインタビューを元に、執筆された本作品。彼女たちの働き方や恋愛観など、リアルな暮らしが綴られています。また、「移住女子に朗報!? 女性が働きやすい都道府県」「移住女子はモテるのか?」といったコラムも収録されています。

「豊かな自然の中でゆったりと生活してみたい。」「地方で私らしく生きたい。」など、地方への移住を考えている女性に特におすすめの一冊です。

目次

はじめに
移住女子のリアル
・遠野の土地と、人に恋をした――岩手県遠野市 伊勢崎まゆみさん
・石巻で出会った漁業が天職になった――宮城県石巻市 島本幸奈さん
・移住で得た唯一無二の「私」――新潟県長岡市川口 栗原里奈さん
・「ありのままの私」でいい暮らし――新潟県十日町市池谷 佐藤可奈子さん
・地域ならではの仕事の組み合わせ方――長野県下水内郡栄村 渡邉加奈子さん
・自然を生かした子育てを実現! ――鳥取県八頭郡智頭町 西村早栄子さん
・私が大切にする「ぽっちり」な暮らし――高知県土佐郡土佐町(嶺北地域) ヒビノケイコさん
・生きる力をもっと上げたい! ――福岡県糸島市 畠山千春さん
移住女子を考える
おわりに
(引用:http://amzn.to/2kieo8t

伊佐知美

伊佐知美

1986年生まれ、新潟県見附市出身。横浜市立大学を卒業後、金融機関の企画営業、出版社勤務を経て、フリーのライター・編集者に。その後、いくつかの観光・旅行系メディアで執筆・編集経験を積み、ベンチャー企業「Wasei」にて「灯台もと暮らし」を立ち上げ、編集長を務める。講談社 ビューティ誌「VOCE」ライター、エイ出版社「ディスカバー・ジャパン」寄稿など、現在もフリーランスのライター業は継続。オンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」主宰。

▼伊佐知美さんが主宰するオンラインサロン「編集女子が”私らしく生きるため”のライティング作戦会議」はこちら

編集女子が"私らしく生きるため"のライティング作戦会議
編集女子が
編集女子が"私らしく生きるため"のライティング作戦会議
ファッション、グルメ、旅、恋愛、お金──現代に生きる女性の興味は多種多様。 世の中の動きや流行にも敏感で、いつも新しい情報をキャッ...