11月14日グロービス経営大学院にてオンラインサロン「ちゅうつねカレッジ」の定例セミナーが開催されました。ゲストは『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』『となりの婚活女子は、今日も迷走中』などの著書をもつ婚活アドバイザー・大西明美さん。

今回は「最高の男と出会うために捨てるべき7つの習慣」をテーマに講演されたセミナーの様子をお届けします!

 

冒頭のトークは今最もHOTなトピックから

セミナーは「ちゅうつねカレッジ」を主宰している株式会社キッズライン代表取締役の経沢香保子さんとブロガー・作家のはあちゅうさんによる15分間のオープニングトークから始まります。

ちゅうつねセミナー20161114_2

まずはこの時期最もHOTなトピックであるアメリカ大統領選についての話題から始まります。ドナルド・トランプ陣営のマーケティング戦略について、トランプ氏のスピーチの特徴や人を巻き込む力のすごさについて、またメティアでの取り上げられ方についてなどがお二人独自の視点から語られました。

その他、最近話題のWebサービスや本日のセミナーテーマにもつながるパートナーシップについてなど、様々な話題が繰り広げられました。

このような時事ネタについては普段多くのメディアであらゆる報道がなされていますが、セミナーという空間や雰囲気でお二人の話を直に聞くことで、改めて自分の頭で考え、思考を深めていくことができます。

 

15分間のトークが終了後、本日のゲスト講師 大西朋美さんの登場です。

 

素敵な男性と出会う方法

ちゅうつねセミナー20161114_3

本日のセミナーのために、初めて(!!)パワーポイントで資料を作成されたという大西さん。「婚活アドバイザー」という肩書き通り婚活の話をするのかと思っていると、

本日は婚活ではない方法で素敵な男性と出会う方法をお伝えします。

と始まります。

明るくはっきりした声に、大阪出身である大西さんの陽気な関西弁が混じり合い、参加者の方々も一気に親しみがひろまっていきます。

まずは参加者の婚活状況をヒアリングしていきます。

この中で婚活をしている方いますか?

(10人程が挙手)

結構いますね。

婚活をやっててしんどいな、と思う方いますか?

(10人程が挙手)

ほぼ、しんどいですよね。

なぜ婚活がしんどくなるのか?
なぜ婚活が楽しくないのか?
婚活がしんどい方は、婚活自体が楽しくないことが原因で素敵な男性と出会うことができなくなっているのです。

婚活中の多くの方が婚活をしんどいと感じている状況について、これまでに43,000件以上の婚活・恋愛アドバイスを実施してきた大西さんが警鐘を鳴らします。

ここから参加者の集中力が一気に高まります。

 

セミナーの対象者と目的について

冒頭で婚活についてのヒアリングを行いましたが、本日のセミナーの対象者については、「婚活がうまくいかない人」以外にも「素敵な男性と出会っても何もできない人」「10代20代にモテまくった(30代以上のフリーの)人」などが挙げられており、婚活という枠を超えて「素敵な異性との出会い」を求めている・発展させたい人全般に対するものと定義します。

 

また、本日のセミナーの目的は「素敵な男性と出会ったら、リアルな交流(デート)のチャンスをゲットできるようになること」、と断言します。後半でも度々強調していましたが、LINEなどネット上での交流ではなく、あくまでもリアルの交流という部分を重視しているのがポイントです。

 

出会い方によってスタート地点が違う

婚活について、方法よりも前提を持ち帰ってほしい。そもそも考えなければいけないことは2つです。出会い方によってスタート地点が違う、つまりやることが変わるのです。
出会い方によって出会う人が違う、やり方によっては不得意な人ばっかりにあたる危険性もありやり方によって向き・不向きがあるのです。
やり方を間違えるととんでもない人にしか出会えないんです。

大西さんが考える婚活のプロセスとは、「1.出会い 2.交流 3.デート」の3ステップです。

婚活での出会いの場合、いきなり3から始まり、ネットでの出会いの場合は2から、リアルな出会いの場合は1から始まります。

大西さんによれば、その出会い方によって、出会う人の魅力度が変わってくるのだそうです。最も魅力度が高い人に出会える可能性があるのが「リアルな出会い」。なぜなら魅力度が高い男性は敢えて婚活やネットで出会いを探す必要がないからです。

結婚がしたいのであれば1、2のフェーズをスキップする方が効率的とも考えることが出来ますが、ここで魅力度が多少落ちる男性との出会いがあっても大西さんの造語である「無難な人を好きになれますか問題」が発生します。

中には誰でもいいから結婚したい、と強く望む女性もいるかもしれませんが、やっぱり「素敵な人」と出会いたい、結婚したい、という願望を持つ方が一般的なのではないでしょうか。

 

では「素敵な人」と出会うにはどうしたらいいのでしょうか?

ちゅうつねセミナー20161114_4

スペックの高い男性が望む女性の条件

素敵な人=スペックが高い男性とは、ルックス・性格・年収などが女性にとって魅力的で競争率が高い男性のことです。どれかが欠けているだけで魅力は低くなります。競争率が高い分、女性の年齢やルックスについてはかなりうるさいようで、さらに結婚後のことを考えて教養も求められるそうです。

大西さんのこれまでのご経験からスペックが高い男性に女性を紹介するには年齢・ルックス・教養の1つでも欠けていると、紹介は難しいと言います。

女性はイケてる男性をかぎとる嗅覚がすごい

そのため稀にこのような男性とネットで出会えることがあるかもしれませんが、ネットなら競争率100倍は覚悟しておくべきだそうです。

競争率100倍を勝ち抜くのは難しい…ではどうしたらいいのでしょうか?

 

素敵な男性に出会うために捨てるべき7つの習慣とは

ここから本日のテーマである「素敵な男性に出会うために捨てるべき7つの習慣」について一つずつ丁寧な解説が始まります。詳細はセミナー参加者限定の内容になりますが、

いくつか私が印象に残ったトピックやエピソードを紹介します。

まずはバブル期には今と違うタイプの女性がモテていたという話。

今の日本はロリコン文化と言われていたり、守ってあげたくなる雰囲気の女性が人気と言われていますが、バブル期には全然違う女性がモテていました。確かに昔のドラマや写真などを見ても、ヒロインは大抵の場合か弱い女の子ではなく、カッコイイ雰囲気の女性ばかりです。バブル期の女性は自信を持っていたのだそうです。

自分の世界観を持っていると男の人が寄ってくる

確かに、趣味やライフスタイルなど、自分の個性や考えを大事にしている人は、その他大勢とはちょっと異なる魅力が感じられます。

ちゅうつねセミナー20161114_5

また、知り合ってから恋愛の対象、候補になるかもしれない期間の賞味期限は3ヶ月、消費期限は6ヶ月、と言います。

その間に行動をしなければ「知り合いブロック」が入り恋愛対象に上がれなくなるのだそう。

スピード社会の今、せっかく素敵な人に出会っても、単なる知り合いで終わってしまうことが多いのです。素敵な人がフリーでいる期間は30日くらい。だから待っていたらやばいですよ!

「知り合いブロック」という絶妙なネーミングによって、上手くいかなかった自分の経験やこれまでの周囲の状況がクリアになりました。

そして例えば二人で会う時間があると、賞味期限と消費期限の時間が止まるのだそう。なので、自分から動いて時間を止めない限り、だんだんと関心が薄れていってしまうのだなと納得しました。

最後に、LINEのラリーをやめるというお話。
「なぜ?」と思った方も多かったように思います。ですが、理由を聞いて納得です。

大西さんによると、例えばリアルで会ってみていい人でもLINEがいまいち盛り上がらない、という人は素敵な人だそうです。なので、LINEが盛り上がらなくても焦る必要はなく、大事なのはリアルで会って心を動かすこと、とのことです。

リアルに会う時間をいかに増やすのか、LINEはそのためのツール。素敵な男性との交際はツールを使ったコミュニケーション量ではなく、リアルに会っている時間と比例する。

LINEのラリーを続けるくらいだったら電話の方がおすすめで、LINEのメッセージのやりとりが多いとリアルで会えなくなってしまうとのことです。

 

魅力度がアップすればチャンスが増える

人は成長していくにつれて友達が変わるもの。それと同じで魅力がアップするにつれてリアルでのチャンスが増えるし、婚活世界でもチャンスが増える。このときに婚活を再開するのがいい。

 

もし今、婚活で疲れているのなら一回休んでみた方がいい。
大事なのは一番魅力的な自分でいること。
一番魅力的な自分とは、他人目線で引け目を感じず、嫌われること、拒絶されることを恐れず、人を受け入れられること。

例えば30代や40代の女性は、外見を20代に近づける努力をしている人が多いですが、20代の土俵ではなく「勝てる土俵で戦う」ことが大事だと大西さんは言います。他人目線ではなく自分を取り戻すこと、そうすることで素敵な男性との出会いが起こる。

ロジカルな部分と感情的な部分、何よりもご自身の実体験をもとにそれぞれのトピックについて熱く語る大西さんの姿に引き込まれていました。

「男性と出会える趣味は?」「出会い系アプリのメッセージから会った方がいい男性の見分け方は?」など最後の質疑応答も活発に行われました。

 

セミナー終了後は大西さんの著書のサイン会も行われ、参加者の行列ができていました。今回は女性目線でのお話でしたが、自分の魅力度を上げるという部分は男性にも十分参考になるものだったと思います。

ちゅうつねカレッジではビジネス以外にも人生に役立つヒントを提供しています。すでに来年のカリキュラムも発表されているので、女性男性問わず、ぜひサロンを覗いてみてください。

ちゅうつねカレッジ
ちゅうつねカレッジ
ちゅうつねカレッジ
起業家の経沢香保子とブロガー・作家のはあちゅう(伊藤春香) の共同主宰による会員制コミュニケーションサロン。このサロンに参加し、一...