はあちゅうさんと村上萌さんといえば、今や多くの女性たちに憧れられるアイコンのような存在だ。仕事はもちろん、その日常に至るまで、煌めきとワクワクに溢れた日々の様子は二人のBlog等からもうかがい知ることが出来る。本書はそんな二人が、人生を最高なものにするために心がけるべきことを惜しみなく綴った書籍だ。もちろん、それは単なるノウハウに留まらない。二人がこれまで歩んで来た道のりの裏側や失敗談も包み隠さずに語られており、それは、さながら最高の人生を送るためのリアルドキュメンタリーのようでもある。

それでは、本書の中からいくつかの項目・エピソードを紹介しながら、題名に示された「小さな野心を燃料にして、人生を最高傑作にする方法」について一緒に読み解いていきたいと思う。

例えば「自分探し」「理想の自分実現」について。

私たちは「誰と付き合うか」、「どんなコミュニティに所属するか」、そして、「そういう自分は周囲からどう見えているのか」…このような考えを知らず知らずのうちに、追求しまいがちだ。

私自身も、「自分がどうなりたいか」以上に、「どの環境にいたいか」という思いが先行してしまい、いつの間にか、自分の人生が他者に支配されているように感じることがある。また、周囲の環境に何かを求めれば求めるほどに、自分自身の空虚さに気づくことになり、他者基準の欲に支配される疲労感と空虚感は、なおさらに自分の本心を覆い隠していく・・・。良くない循環だ。

それに対して二人は下記のような言葉を投げかけてくれる。

「こうなったら幸せ」という条件を追い求めすぎず、「今目の前の幸せ」に気づくアンテナを磨くこと。

自分が幸せだと感じられることをじっくり探すことこそが大事。遥かな理想よりも、自分なりの幸せ。

特に、SNSが発達した現代においては他者の反応に敏感になっている人が昔と比べて多くなっているように思う。友人のプライベートが羨ましくなることで、理想や欲求だけがどんどん肥大化し、何もない自分でいることが辛く感じてしまう。そんな時、果てしない理想ではなく、自分なりの幸せを見つけることができた方が充実した毎日が送れるのだろう。「幸せ」や「遥かな理想」を追い求め過ぎないように・・・という言葉が、成功者である二人から語られたのは意外であった。

しかし、それは「欲求のレベルを下げろ」「足るを知れ」という意味ではない。そこで歩みを止めてしまえば最高の人生を手に入れることはできないし、一方では下記のような叱咤激励も飛ぶ。

「あなたの週末野心はなんですか?」それが答えられないのであれば、あなたの夢ってそもそもなんですか。将来の夢はあっても、次の週末にやりたいことや会いたい人、食べたいものや行きたい場所がないのであれば、それってちゃんと夢の逆算ができているのでしょうか?まずは次の週末から叶えていきましょうよ。

何者でもない人ほど、先に場所を欲しがるんです。ただ、「こうなりたい」と願うだけではなく、やりたいことを「今」やって、ひたすら続ける。それが夢を叶えるたったひとつの道なのだと思います。小さな習慣やルールも、積み重ねていけば大きなうねりとなって、あなたの毎日を変えてくれるはずです。

理想の自分に近づくためには、夢を予定に変えること。つまり、次の週末や明日・明後日のような近い未来を含めた、「今」この時に何をするかが重要であることを再認識させられる。遠い世界の出来事に心を奪われ卑屈になってはいけないが、目の前の幸せに目を向けること、それに対して行動を積み上げていくことは忘れてはいけない。「週末にやりたいこと」「食べたいものや行きたい場所」「小さな習慣やルール」・・・お二人の言葉を借りるならば、こういった目の前の欲求を形にする燃料こそ「小さな野心」である。

ブロガー・作家であるはあちゅうさんと、NEXT WEEKWND 代表でいらっしゃる村上萌さん。二人について、私は本稿の冒頭に「煌めきとワクワクに溢れた日々の様子は二人のBlog等からもうかがい知ることが出来る」と書いたが、きらびやかな世界に身を置いているように見える二人にも、たくさんの壁や苦悩があったことが感じられたし、それでも今のお二人があるのは、まさに「小さな野心」の積み重ねがあったからなのだろう。

働くことに対して、学ぶことに対して、人生に対して・・・ぼんやりと考え込み、一歩踏み出すことができずにいる方も多いはずだ。この本は、そんな人たちに「その小さな一歩」を今踏み出す勇気をくれる書だ。二人の実体験から綴られる言葉は、ときに優しく、ときに厳しい。 しかし、それは心に沁みる良質なエッセイであることを超えて、私たちを行動に掻き立ててくれる言葉たちだ。

小さな野心から生まれる行動が、いつしか一本の線になることを願い、まずは、今眼の前にある日常に、小さな点を描くことからはじめてみよう。

ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪
ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪
ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪
ブログやツイッターは書けない話も含めて限定サロンならではのプレミアムな内容になっています。 また、同じアンテナを持ったメンバー同士...