みなさんは「ビットコイン」について知っていますか? 調べてみると「ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である」・・・と、いきなり難しい言葉が並びます。

ここ数年さまざまなシーンでこの名前を聞くようになりましたが、そもそもビットコインとは何なのか、なぜ注目されているのか、投資対象としてどうなのか。あまり知っている人は多くないと思います。そこで、今回はオンラインサロン「ビットコイン&ブロックチェーン研究所」を主宰されている大石さんと東さんにビットコインについて色々と教えてもらうことにしました!

 

回答者プロフィール

ビットコインサロン_大石哲之

大石哲之
ブロガー/一般社団法人日本デジタルマネー協会理事
ブロガーとして、ビットコインとブロックチェーン技術がもたらす、社会の変化、新しいビジネスの可能性について、一般のひとでも分かるように噛み砕いて解説しています。

ビットコインサロン_東晃慈

東晃慈
起業家、ビットコインエバンジェリスト
2014年9月よりいわゆるフルタイムビットコイナーとして、ビットコイン関連のサービス企画・開発、海外プロジェクトの支援、情報発信などを行っている。特に非技術者向けに、難しいコンセプトもかみ砕きわかりやすく説明することを心がけている。2014年9月からビットコイン専業に。ブログは「ビットコインを語ろう2.0

そもそもビットコインって何?

まずはビットコインの基本情報からお聞きしていきます。

—そもそも「ビットコイン」って何ですか?

東さん「ビットコインはナカモトサトシと名乗る人物が作成した論文を元にオープンソースコミュニティーで開発されている新しいデジタルマネーです。インターネットを通してより安く、早く、国境にとらわれないオープンな「お金」として世界中で注目されています。」

つまり、ナカモトさんの発案を元に世界中の人々によってつくられた、世界共通のデジタルマネーなんですね。国が発行している通貨とは全然別モノなんですね!

何ができるんですか? 利用するメリットは?

東さん「まずビットコインについて考える前に、デジタル通貨としてのビットコイン(bitcoin)でできることと分散プロトコルとしてのビットコイン(Bitcoin)でできることを二つに分けて考えていきましょう。」

通貨と分散プロトコル??

順に解説していきます。

東さん「通貨としてのビットコインの特徴、強みとしては

1.国境に影響されないので、特に国際送金などを今より低コスト、高速で行える

2.インターネットにつながりさえすれば基本的に24時間365日送受金可能

3.オンラインでの支払いが簡単
a.QRコードを読んでウォレットというビットコインのお財布的なアプリから送金するだけ
b.クレジットカードなどのようにいちいち番号を入力したり、登録をする必要がない

4.オンライン上での100円以下のマイクロペイメントが可能

ということです。」

時間や場所にとらわれずに、低コストで簡単に利用できる、これは便利そう!

ビットコインの成り立ちについて

続いてなぜビットコインが誕生したのか、その成り立ちを伺いました。

ところでビットコインはいつから始まったのですか?

東さん「ビットコインは、Satoshi Nakamoto(ナカモトサトシ)と名乗る匿名の人物が2008年末に投稿した論文をきっかけにはじまりました。それからサトシを中心に有志の開発者が集い、オープンソースで開発が続けられて今に至ります。

余談ですが、ビットコインの産みの親であるナカモトサトシの正体には諸説ありますが、いまだに明確な答えはありません。しかも、ある日突然姿を消してしまったのですが、ビットコイン開発のコードは全てオープンソースで公開されていたので、サトシがいなくなった後にも開発は活発に続けられました。」

まだ誕生してから10年も経っていないのですね。
サトシの正体についてはとても興味をそそられます…!

どのくらいの人が使っているのですか?

東さん「具体的なビットコインのユーザー数を測るのは難しいですが、blockchain.infoというビットコインのブロックチェーン記録を参照できるサイトが引用されることが多いです。それをベースに推測すると、最低でも1000万人くらいは世界中にユーザーがいそうです。また、日本ではbitFlyerというビットコイン取引所が最もメジャーで、すでに10万人以上の登録ユーザーが日本にもいるそうです。また、日本国内でビットコインが使える店舗も日々増えていっています。」

最近日本でも 「ビットコインで電気料金を支払えるサービスが開始される」というニュースがありましたが、日本でも利用者や利用場所が増えてきているんですね。

投資対象としてのビットコインとは?

ビットコインの概要がおわかりいただけましたか?
続いては、投資対象としてどのような商品なのかを解説してもらいます!

投資としてのビットコインってどうなんでしょう?

大石さん「ビットコインには、いろいろな使い方がありますが、投資商品としての魅力は大きいです。基本的には金(ゴールド)のような値動きのある商品と考えるとわかりやすいと思います。

投資の仕方は、長期と短期でわかれます。

長期では、ビットコインそのものを保有して、数年単位での値上がりを期待する方法です。いわゆる投資家的な手法ですね。

短期ではビットコイン先物が人気です。いわゆる為替FXと同様に、ビットコインの短期的な値動きに対して売り買いができるようになっています。いわゆるトレーダーむけの手法です。

また相場が24時間ひらいており、日本の取引所の多くが売買手数料を『無料』にしていることもあって、そこも魅力です。

最近は、株式投資家やFXトレーダーがビットコインに注目して、サロンにも多く参加してきています。完全にハマっちゃっている人も多いですね。」

マネーなのに値動きがある、と聞くと不思議に思えますが、円やドルなど為替の動きを想像するとわかりやすいかもしれません。

どこで購入できるのですか?

大石さん「単にビットコインを購入するなら、ビットコインの自動販売機(ATM)なんかが便利です。六本木にビットコインで地ビールが飲めるBarがあるんですが、そういった店舗に置いてあります。面白いですよね。また、クレジットカードをつかってオンライン上で簡単に購入することができるサイトもあります。

もっと多くのビットコインの購入を考えたり、本格的にトレードを行いたいようでしたら、取引所の口座をつくってみてはいかがでしょうか。取引所は日本に複数あり、どの取引所でも購入・トレードできるビットコインは同じものです。口座は、個人情報と本人確認書類を登録するだけで10分もあれば開設完了です。とくに難しいことはありませんよ」

ATMで購入できるのは驚きです!
口座開設も銀行より簡単そうです。気軽に購入できるんですね。

いくらから始められますか?

大石さん「ビットコインは少額でも購入できるのが特徴です。1ビットコイン=60000円といったようなレートがでていますが、1ビットコイン以下でも購入できます。ビットコインは小数点以下8桁まで分割できるので、理論上は0.00000001ビットコイン=0.0006円から購入できます(笑)。実際は1円から購入ということになりますけれども」

リスクはありますか?

大石さん「ビットコインの値動きは激しいといわれています。ビットコインのトレードをやる場合には、株や、FXといったものと同じようなリスクがあります。やっぱり初心者は火傷をしがちなので、慎重にトレードを初めてくださいね。

また、ビットコインは、ソフトウェアのお金なので、技術の動向などが価格に影響することがあります。
為替でいうと「雇用統計」とか「政策金利」みたいなものですかね。それに相当するイベントがあるのですが、普通の投資家だとさっぱりわからないと思います。
英語ソースですし、公に発表されるものでもなくて、開発者のツイッターや、チャットのログを見たりして追いかけたり。ちなみに、そういった情報も、サロン内ではキャッチアップするようにしています。海外の情報を的確に収集し、解説・公開しているので、役に立っていると多くの方に感謝いただいています。

また、ビットコインより気をつけないのは、詐欺的なコインですね。
真面目に開発するつもりがないのに、お金だけを集めているようなもので、いまコミュニティ内で問題になっています。
こうした問題のあるコインについても、サロン内で質問していただければ、筋が良いか悪いかお答えしています。」

初心者がいきなりトレードを行うにはしっかりリスクも考えたほうが良さそうですね。
まだ市場ができてまもないサービスなので、専門家やコミュニティでの教えあい・学び合う場は貴重なのではないでしょうか。

今から初めても遅くないでしょうか?

大石さん「はい。まだまだ、ビットコインは始まったばかりです。多くの起業家が、ビットコインを見て、1994年頃のインターネットを見ているようだだと言っています。これはものすごく世の中を変えるインパクトのある技術だけれども、まだ一般の人が使い始める前の段階ということを表現しているのだとおもいます。

今がインターネットの94年の段階だとすると、ビットコインはまだまだ20年以上は伸び続けるとおもいます。サロンの会員のなかには今年に入ってから初めたという方も多く、本当に積極的な会員ばかりです。」

まだまだ発展の余地があるビットコイン。
一般の方が一気に利用し始める前に、サロンに入って情報をキャッチアップしておくのもいいかもしれません。

最後に、ビットコインはこれからどうなると予想しますか?

大石さん「ビットコインは、技術としてもお金としても、毎月のように面白いことが起きています。投資商品としての魅力も増してきています。少しでも興味があれば、やってみない手はないとおもっています!」

まとめ

いかがでしたか?
通貨やサービスとしてのビットコインに可能性を感じて頂けたかと思います。
個人的には「意外と身近なところで購入できたりするのだな・・・」というのも新しい発見でした。
まだまだ進化中のビットコインについて最新情報を知り合い方、話し合える仲間を求めている方はぜひサロンも覗いてみてください。

大石さん、東さん、ありがとうございました!

ビットコイン&ブロックチェーン研究所
ビットコイン&ブロックチェーン研究所
ビットコイン&ブロックチェーン研究所
ビットコイン&ブロックチェーン研究所は、ビットコイン及び、イーサリアム、応用技術であるブロックチェーンなどの情報を専門的に扱う会員制...