みなさん、「深爪のオンラインサロンを開設しました」と聞いたら何を思い浮かべますか?

おそらく日常をTwitterに侵されていない人は「深爪で悩んでいる人専用のオンラインサロン?マニアックだなぁ。」なんて思うことでしょう。

しかし、今回ご紹介する”深爪”のオンラインサロンとは、Twitterフォロワー12万人を誇るアルファツイッタラー・深爪さんの「ファンコミュニティ」なのです。

深爪さんとは?

https://twitter.com/fukazume_taro
1970年代生まれ。主婦。2012年11月、軽い気持ちでツイッターを始めたところ、独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、現在はその数約13万人。著書「深爪式 声に出して読めない53の話」(KADOKAWA、紙・電子版あり)、「深爪な愛とセックスのはなし」「深爪な家族と人生のはなし」(KADOKAWA、電子版のみ)。また、女性セブン(小学館)にて隔週コラム「立て板に泥水」連載中。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様である。

深爪さんはアルファツイッタラーとして爆発的な人気を博し、現在その活動はTwitterだけにとどまらず、noteの配信や週刊誌の連載、書籍の発売など多岐にわたっています。

特に自身3作目の書籍「深爪式 声に出して読めない53の話」はあまりの人気ぶりに、たびたび書店やAmazonから姿を消し、発売からわずか3ヶ月で5度目の重版が決定しました。

深爪さんが綴る言葉たちは、ほろりと泣けるものから赤裸々すぎる自身の性事情まで、バラエティ豊かで、人を飽きさせる隙を与えません。また、紹介した書籍のタイトルには「声に出して読めない」とありますが、どの文章も言葉のリズムが良く、思わず声に出して読みたくなるものばかりです。

また、「深爪式 声に出して読めない53の話」の帯に推薦コメントを出しているGLAY・HISASHIさんや深爪さんのことを「大好きな人」と紹介するスピードワゴン・小沢一敬さんなど、有名人の中にも深爪さんのファンであることを公言している人が多くいます。

深爪さんのオンラインサロンとは?

そして今回、そんな深爪さんのオンラインサロンが開設されました。

オンラインサロンは「別冊・深爪式」と題されており、140字に収まりきらない深爪さんの熱い思いがコラムとして投稿されます。表では語れないようなアレな話や深爪さんのマイフェイバリットを紹介、さらにはTwitterでは流れてしまい回答できない人生相談などにもお答えします。

そして以前から要望の多かった深爪さんによる女性セブンの連載「立て板に泥水」のバックナンバーも、オンラインサロン限定で配信することになりました。今まで「深爪さんの連載コラムは読みたいけど女性週刊誌を買うのは気が引ける…」と悩んでいた方でも月額500円で気軽に読むことができます。dマガジンでもカットされている女性セブン連載コラム「立て板に泥水」をスマホで読めるのはこのオンラインサロンだけです。

打ち合わせ前は「オンラインサロンって何?怪しい水を売りつけられるかも。」と震えていたという深爪さんですが、今ではすっかりオンラインサロンの運用にも慣れ、精力的に更新してくれています。

決して怪しい水を売りつけないと約束するので、是非皆さんも一度サロンを覗いてみてください! ※このサロンの成り立ちについても、オンラインサロン内で紹介されています。

別冊・深爪式
別冊・深爪式
別冊・深爪式
Twitterフォロワー12万人を突破したアルファツイッタラー・深爪の140字に収まりきらない熱い思いをお届けするオンラインサロンで...