女性であれば誰しも1度は「美しくなりたい」と思ったことがあるはずです。

しかし「美しくなる」ということはそう簡単なことではありません。

「まずはメイクで!」と思ってもなかなか自分に合う化粧品は見つけられないし、「じゃあダイエットだ!」と意気込んでもそう簡単に体型改善はできません。考えれば考える程気の遠くなる作業の連続で、過去に挫折してしまったという人も多いのではないかと思います。

今回は、そんな方々のための自分磨きの救世主「いい女.salon」の中身をチラ見せします!

いい女.salonとは

いい女.salonとは、Twitterフォロワー数31万人を誇るいい女.botのプロデューサー・いろはさんとともに自分磨きを行っていくオンラインサロンです。

サロン内では現在完売中の「いい女.diary2017」に記載されている今週の言葉と今月のレッスンについて深堀りしていく形式をとっていますが、「いい女.diary2017」をまだ持ってないという方にも十分タメになる内容です。

心理学の資格を持ついろはさんから内面的な自分磨きについて語られることはもちろん、常に「いい女」になるためのアンテナを張り続ける中で見つけたおすすめのギフトや、記事なども紹介されています。

2月のレッスン「お気に入りのランジェリーを身につける」

2月のレッスンは「お気に入りのランジェリーを身につける」。

外面的な美しさに関する話なのかと思いきや、色彩心理を応用し、自分の内面にもアプローチしていく内容になっています。

お家でのお洋服や、目には見えない部分って、意外と気を抜きがちですよね。

でも、部屋着やランジェリーは、自分を癒すものだと思うんです。

自分のプライベートな時間の癒しを充実させることで、きっと充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。

下着に気をつければ、自然と鏡を見る回数が増えて体型を気にすることができるかもしれませんし、「色彩心理」という言葉があるくらい、色と心は密接に結びついています。


よくダイエット本などにも「体重計に乗るより鏡を見ろ」と書いてありますよね。お気に入りのランジェリーを身につければ鏡を見る機会が増え、無意識に体型を維持することができそうです。

また、心理的な面からも普段表に出さないランジェリーに気を配ることが自分と向き合うための第一歩になると言います。では、実際に色と心はどのように結びついているのか、サロン内の投稿を一部ご紹介したいと思います。

(引用:https://www.peachjohn.co.jp/pjitem/detail/?COLOR=13&ITM=1011208&outlet=include)

まずは、赤。

赤は、エネルギー溢れる色です。 木の実は見つけてもらおうと赤く染まり、食べてもらうための色とも言えるかもしれません。積極的に行動したいときにオススメの色です。

こちらは比較的有名ですよね。いわゆる勝負下着には赤を、ということです。

(引用:https://www.peachjohn.co.jp/pjitem/detail/?COLOR=01&ITM=1017701&outlet=include)

 

白。

気分を一新させたいときのカラーです。はじまりや出発にはこの色が使われることが多いですよね。結婚式とか、亡くなった人が着る服とか。厳密に言えば、黒、白、グレーは無彩なので色とは言いませんが、心理効果はもちろんあるのです。新たな自分に出会いたいときには白がオススメです。

何か新しい物事を始めるときはホワイトのランジェリーを。まるでウエディングドレスを着るようにランジェリーを身にまとえたら、毎日をフレッシュな気分でスタートできそうです。

(引用:https://www.peachjohn.co.jp/pjitem/detail/?COLOR=01&ITM=1019080&outlet=include)

 

黒 。

黒いものは白いものより、1.5倍近くも重く感じるといわれています。白の重さを100にしたとき、黒の重さは186とも言われます。そのため、少し重厚感があるイメージです。肌やその他の色を引き立てる効果があります。プロ意識の高い人が好む色でもあります。自分と向き合いたいときには、黒いカラーがオススメです。

色の重さを数値で表していてとても説得力があります。黒のランジェリーを身にまとい、仕事をきっちりこなす素敵な女性になれたらいいですね。

(引用:https://www.peachjohn.co.jp/pjitem/detail/?COLOR=02&ITM=1017866&outlet=include)

 

淡いピンク。

下着には一番多い色かもしれません。淡いピンクは、心を優しくしてくれる色です。お母さんとか子どもをだいている母のようなイメージがあるかもしれません。囚人服をピンクにすると刑務所内での事件も減るほどです。自分に、そして他人に優しくなりたいときにはこの色をチョイスしてみてください。

ランジェリーの王道・ピンクにももちろん色彩心理があります。可愛らしいピンクのランジェリーを身につけることで心に余裕ができるのかもしれません。

(引用:https://www.peachjohn.co.jp/pjitem/detail/?COLOR=03&ITM=1018775&outlet=include)

 

ブルー。

青は冷静な色です。集中力を高めたり、食欲をコントロールしてくれる色です。冷静に自分と向き合いたい人はこの色を好みます。 私は、集中したい時には青色の小物を周りにおいて仕事などをするようにしています。

冷たいイメージのあるブルーもランジェリーとして身にまとえば一気に爽やかでキュートな印象になります。1日の終わりに鏡へと向かえば、その日1日を冷静に振り返ることができそうです。

(引用:https://jp.amos-style.com/p/10169465M007D070)

 

ベージュ。

安心の色です。マイペース、変化を求めていない人はこの色の下着を多く持っているかもしれません。安定したいときにはベージユ、安定したくないときには別の色を選ぶと、色によって気持ちをコントロールできるかもしれません。

ベージュは一見地味で年齢層の高い人が身につける、という印象が強いかもしれません。しかし普段からベージュのランジェリーを身につけることで、いざという日に色を変え、気持ちのコントロールをしやすくなります。ファッションショーに出演するモデルさんはベージュの下着を身につけることが多く、ベージュには心理的に安定させてくれるだけでなく、洋服を綺麗に見せてくれる効果も期待できます。

女を磨く様々なレッスン

今回はランジェリーで女を磨くポイントの一部をご紹介しました。

普段から下着は同じ色味ばかり、なんて人も多いかと思います。これを機に日々の予定や気分に合わせてランジェリーの色を変えてみてはいかがでしょうか。

今後もいい女.salonでは月ごとに「お弁当を作ろう」や「バラの香りを味方につけて」などのテーマを設け、自分磨きに効くレッスンを行っていく予定です。そして、オンライン上のレッスンの他にも「着物の着付け」や「メイク女子会」などリアルレッスンも開催していきます。

また、このサロンではいい女になるための情報を得るだけでなく、自分の言葉でアウトプットすることを大切にしています。そのため、すべてのレッスンについて、サロンメンバーが1週間の出来事や1ヶ月で達成できたことなどを振り返り書き込むスレッドも用意されています。もちろんハンドルネームでの参加も可能なので、安心して本音を書き込むことができます。

今までふわっとした自分磨きしかできなかった方、もっと具体的な自分磨きをしてみたい方は是非いい女.salonを覗いてみてください。

1年後のあなたは、きっと今よりも美しい女性になっているはずです。

いい女.salon
いい女.salon
いい女.salon
今年こそ、いい女になりたいあなたへ。お便りを活用して自分磨き! 月始めに今月のレッスン、週始めに、今週の言葉を配信します。 ...