山本真司氏は、慶応義塾大学卒業後、銀行に勤務、その後ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニー、A.T.カーニーなどでコンサルタントとして働き、50代に入ってから独立を果たした経歴を持つ。決して華々しくメディアへ露出がある人物ではないが、A.T.カーニーやベイン・アンド・カンパニーでは経営トップも務め、2005年には英国ユーロマネー誌より世界のトップ金融コンサルタントに日本人として唯一選出された、ビジネス界において、正真正銘日本のトップランナーの一人である。

そんな氏の主宰する注目のオンラインサロン「山本真司の自分成長戦略会議室」では、氏が培ってきたビジネスの本気のアドバイスが、日々投稿されている。

メインコンテンツの一つに「今朝の一言」がある。毎朝必ず、6時〜7時台という早い時間に投稿され、そこにはビジネスパーソンを奮い立たせることばが並ぶ。

「毎朝、仕事前に読んで、気持ちを引き締める」というような使い方を教えて頂いて、そうしたニーズに応えられるものを書こうと志しました。私にとっても、朝の頭がはっきりした時間帯に、自らに檄を飛ばすためにも、その時々の自分を反省し、方向づけ、鼓舞することは大変プラスになりました。新しい時代の自己啓発メディアを目指します。ライバルは、「(日めくり)まいにち、修造!」です。

と氏が語るように、毎朝、氏の言葉で気持ちを引き締めてから仕事に望むメンバーは多いだろう。

今回特別に、前の週に投稿された「今朝の一言」から、シナプス編集部が独断で選出したものを、毎週月曜日にひとつだけ、この場に公開させていただくことを許していただいた。この連載は2月の第1月曜日より、毎週月曜日、全4回にわたって更新される予定だ。

読者の方も、是非1週間のはじめに気持ちを引き締め、ポジティブな気持ちで仕事に向かうきっかけにして頂きたい。

今週の一言【上手く行かないこともある。しょうがない。でも、負けるな!】

【今朝の一言】-170201 より抜粋

Fighting Poseを絶対に失わないこと。これに尽きる。そういうシチュエーションがある。物事がうまく行かない時だ。それには理由がある。また、学びもある。しかし、そうした心境になる前に、戦う気持ちを捨てたらおしまいだ。Fighting Pose.Fighting Spiritだ。戦うぞ、負けないぞ。この気持ちが無ければ前には進めない。

何に勝つか?それが、自分の成長を量る計測尺度になると思う。

一番プリミティブなのは、

①眼の前の敵
これも大事です。ライバル企業に負けたくない。クライアントとヒッチを起こしながらも負けたくない。ライバルに負けると悔しい。クラアントに厳しい評価をもらって悔しい。恨みの気持ちすら持つ。原始的欲求ですが、良いでしょう。

②自分
しかし、敵に勝つというだけでは、弱い。次の段階は、自分に勝つ。諦めない。戦い続ける。それは、自分のサボってよいや、このままでも良いや。どうせ自分は・・・。あるいは、いまは調子悪いし。後で頑張るわ。最悪なのは、相手が悪い。原因他人論ですね。これを捨てるのが次の段階。原因他人論を捨てて、自分に原因を求める。認める。これも良いでしょう。しかし、なんか、つまらない。スケールが小さいぜ。

上記は、私も、負けそうな時に、最初に頭を過ることです。それで良いと思っています。

まずは、負けを認めるのがまずい。

負けは認めちゃいけない。最初は如何に、プリミティブな考え方でも良い。勝つんだ、と決める。仮想敵を決めても良い。仮想敵を憎んでも良い。自分を責めても良い。こんな自分じゃ嫌だというプライドに目覚めても良い。

殴られたら、まずは、立ち上がれ。どんなことを考えても良い。マットに倒れ込むな。前を向け。立ち上がれ。

そして、立ち上がったら、少し気持ちをい落ち着けろ。そして。もっとでかいパワーに火をつけろ。そして、最高の勝ち戦に出て行け!

それは、君が何を成し遂げたかったのかという崇高なビジョンに立ち帰ることだ。

そのビジョンは、自らを捨て、他の為にというものがあるはずだ。それがなければお話にならない。すぐに作れ。

その他を利する、あるいは、志、夢、なんでも良い。そういう一段次元を超えた、自分の人生の意義、目的に思いをはせろ。そして、勇ましく、シッカリと、強く、大きく立上れ。

もう大丈夫だ。あなたは何物にも負けない

-了

※次回は2月13日(月)朝6時更新予定です。

毎日、気持ちを奮い立たせたい方はこちら

山本真司の自分成長戦略会議室
山本真司の自分成長戦略会議室
山本真司の自分成長戦略会議室
「山本真司の自分成長戦略相談室」は、これからのビジネスパーソンが主体的に成長を続けるための叡智を集約し、学び合うための新時代の私塾で...